さくら鍼灸整骨院が行う腰痛を訴える患者への原因と治療方法

腰痛と言えば腰の骨に根本的な原因があると考えられる事が多いのですが、実際は骨だけに原因があるわけではなく骨に付随している筋組織も多大なる影響を与えていますし、脳から足先に通じている神経に原因があってちょうど腰の部分で炎症が起こり腰痛になっている事案もあります。

さくら鍼灸整骨院は、腰痛と言っても腰の骨だけに問題があるとは決め付けずに筋組織や神経まで至るまで全身をくまなくチェックし、原因と治療方法の兼ね合いを考案していきます。

そうしたさくら鍼灸整骨院手の手厚い治療方法により患者様に対し伝えられる事が多いのは、やはり腰には直接的な問題が無いという事実です。個人個人により違いがありますが、筋肉が常時緊張状態に陥っている事をはじめ骨の歪み、筋肉の減少や心理的なストレスにまで腰痛の原因は多岐にわたります。

姿勢が悪いから腰痛になるわけではない

また、さくら鍼灸整骨院が患者に対して施術を行いながら伝えるのは、姿勢が悪い事により腰痛が引き起こされるのではなく、姿勢が悪くなる前から腰に問題があるからこそ庇うような姿勢や動きをするようになり、その結果姿勢が悪くなり腰痛に見舞われるという事です。

つまり順序が一般的に考えられる順番とは異なるので、そうした意外性が高く感じられる点に気がつく事ができず、腰痛が慢性化しいつまでも治らないという悪循環に陥ってしまいます。さくら鍼灸整骨院では腰痛の治療に際し、直接的に腰と繋がっていて全身を支えている骨盤の役目が非常に重大であると捉えています。

さくら鍼灸整骨院は骨盤矯正も視野に入れて考えるので一時しのぎにはならず、一度のケアで以後通院しなくても良い程腰痛がすっかり良くなる患者様もいらっしゃいます。そして原因と治療方法の特定を徹底しているので、電気治療やマッサージで凌ぐという事もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA