Sakura鍼灸整骨院で信頼のおける原因と治療方法で坐骨神経痛を快方に向かわせる

腰部の付近から脚部にかけて痺れを感じたり痛みを覚える場合は坐骨神経痛を発症している可能性が高く、当初は臀部と腰部の間が独特な痛みや不快感を覚えていただけであっても、適切な原因と治療方法を求めなければ悪化の一途を辿る事になります。 臀部と腰部の間に感じていた痛みや不快感は次第に範囲を拡大していき、太ももの後ろ側から脛にも変調が感じられるようになり、最終的には足の裏側と足の先にまで到達し痛みと感覚の麻痺によって歩行ができなくなります。 そのように腰部の付近から発症した変調が最終的に足の先にまで波及してしまうのは、頭頂部から足先までの全身に繋がっている神経が影響しているためです。 足の先から頭部までは長い距離があるのにも関わらず、冷たさや感覚を的確かつ瞬時に感じられるのは神経が張り巡らされているためであり、神経が反応する事により脳に指令や刺激が伝わり様々な変化を感じ取れるという仕組みです。

腰の構造と坐骨神経痛の原因

脚部から頭部の間には腰がありますが、腰というのは人体がどのような動き方をしても対応できるよう緩やかなS字を描いている上に、滑らかな動きを実現すべく小さな骨が積み木のように積み重なるようにして成り立っています。 ただし、骨をそのまま積み重ねてしまうと動く度に摩擦で削られてしまうので、それぞれの間に椎間板というクッション材が存在し、摩擦が起こさないようにし滑らかな動きを実現させています。 そうした椎間板と骨のバランスが衝撃などによって崩れてしまったり、加齢により椎間板が薄くなると骨が一部分的に外部に飛び出してしまい、神経を圧迫し坐骨神経痛に繋がります。 原因と治療方法を考えた際、事の重大さから手術しかないように感じられますが、外科手術は身体に与える影響が心配です。 そこでさくら鍼灸整骨院では外科手術を行う事無く、インナーマッスルのトレーニングや骨の歪みを取り除く事により、神経の圧迫を解消させて坐骨神経痛を快方に向かわせるので、年齢を重ねて外科手術に耐える事が難しい方でも安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA